『白い牙』(ロンドン/深町眞理子 訳) - 光文社古典新訳文庫


ホーム > Booksリスト > 白い牙

白い牙

白い牙

  • ロンドン/深町眞理子 訳
  • 定価(本体980円+税)
  • ISBN:75178-4
  • 発売日:2009.3.12
  • 電子書籍あり

狼の魂が震えた!凍てつく荒野、血みどろの闘争

作品

「飢え」が支配する荒野で、ただ生きるために弱きものを殺す自然の掟。欲深い人間に利用され、闘いを強いられる殺戮の日々。野性の血を研ぎ澄ます孤独な灰色狼の目を通して描かれる人間と文明社会。


内容

犬の血を4分の1引いて、北米の原野に生まれた狼「ホワイト・ファング(白い牙)」。親や兄弟が次々と死んでいく"自然"のなかで、強く、狡く生きていく。だが、あるとき人間に飼われることになり、人間の残虐さや愛情に触れることで、心のなかにさまざまな葛藤が生まれるのだった。

ジャック・ロンドン
[1876−1916] アメリカの小説家。サンフランシスコで貧しい家庭に育ち、15歳の頃から牡蠣密猟、アザラシ猟船乗組員、発電所の石炭運搬など様々な職につき、各地を放浪する。1897年、クロンダイクのゴールドラッシュに参加するが壊血病にかかり帰郷。1903年、北方での見聞をもとに書いた『野性の呼び声』が大ヒットし、人気作家となる。以後、『どん底の人々』『海の狼』『ホワイト・ファング』などを精力的に発表する。40歳で死去。
[訳者]深町眞理子
1931年生まれ。英米文学翻訳家。訳書に、『ザ・スタンド』(キング)、『ルーンの杖秘録』シリーズ(ムアコック)、『光の王』(ゼラズニイ)、『渇きの海』(クラーク)、『親指のうずき』(クリスティー)、『くじ』(ジャクスン)、『アンネの日記 増補新訂版』(フランク)、『野性の呼び声』(ロンドン)ほか多数。著書に『翻訳者の仕事部屋』がある。
《関連刊行本》
『野性の呼び声』(ロンドン/深町眞理子 訳)
『白い牙』(ロンドン/深町眞理子 訳)
  • Clip to Evernote
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


【創刊11周年! 秋の古典新訳文庫フェア】ボイメン直筆サイン入り色紙プレゼント! 光文社古典新訳文庫創刊10周年記念特設サイト ナルニア国 光文社古典新訳文庫読書エッセイコンクール2016 光文社ウェブサイト 光文社電子書籍

電子書店により、スケジュール・フェア価格等が異なる場合があります。詳細は各電子書店にお問い合せください。

メールマガジン登録 光文社古典新訳文庫著者別刊行本リスト