誰のための国家か?何のための国家か?

市民政府論

市民政府論

ロック    
角田安正  訳   

この1冊が「近代市民社会」を成立させた!

作品

「私たちの生命・自由・財産はいま、守られているだろうか」。王権神授説を否定し、最高権力を人民の信託によるものと説く本書は、近代市民社会の成立の礎となった。ロックの精緻な論理を明晰な訳で理解する。


内容

人は生まれながらにして生命・自由・財産を守る権利があり、国家の成立は、この人権を守るための人々の合意に基づく。ロックの唱えた人権、社会契約思想はのちの アメリカ独立宣言、フランス革命を支える理念となった。自由、民主主義を根源的に考えるうえで必読の書である。


ロック   
[ 1632 - 1704 ]   

イギリスの哲学者・思想家。イギリス経験論の父とも呼ばれる。ウェストミンスター・スクールに進み、オックスフォード大学では修辞学、論理学、ギリシア語ほか、物理学や医学を学ぶ。その後、ギリシア語、修辞学の講師となる。有力な政治家であるシャフツベリ伯爵の知遇を得て政治の世界に身を置くが、伯爵の失脚にともない、1683年にオランダへ亡命。1689年に名誉革命で即位したメアリーとウィリアム三世一行とともにロンドンに帰り、「権利の章典」の起草に加わった。同年に出版した著作『市民政府論』と『人間知性論』で、思想家として名声を確立した。代表作に本書『市民政府論』、近代認識論の基礎となった『人間知性論』がある。

[訳者] 角田安正    Tsunoda Yasumasa
1958年生まれ。防衛大学校教授。ロシア地域研究専攻。在ロシア日本国大使館専門調査員を経て現職。訳書に『国家と革命』(レーニン)、『上からの革命−ソ連体制の終焉』(コッツほか)、『帝国主義論』(レーニン)、『菊と刀』(ベネディクト)、『市民政府論』(ロック)、共訳書に『ゴルバチョフ・ファクター』(ブラウン)などがある。
リヴァイアサン2
リヴァイアサン2

ホッブズ

角田安正 訳

リヴァイアサン1
リヴァイアサン1

ホッブズ

角田安正 訳

菊と刀
菊と刀

ベネディクト

角田安正 訳

帝国主義論
帝国主義論

レーニン

角田安正 訳