恥、義理、恩、礼節......日本人の忘れものはなにか

菊と刀

菊と刀

ベネディクト    
角田安正  訳   

作品

戦後60年余を経て日本人は慎ましさを忘れた。恥知らずになったと言っても過言ではない。だが、ベネディクトが念頭に置いていた「恥」は、依然として日本人の行動を左右し続けている。(訳者)


内容

第二次世界大戦中、米国戦時情報局の依頼を受け、日本人の気質や行動を研究した文化人類学者ベネディクト。日系人や滞日経験のある米国人たちの協力を得て、日本人の心理を考察し、その矛盾した行動を鋭く分析した。ロングセラーの画期的新訳。

ルース・ベネディクト    Ruth Benedict
[ 1887 - 1948 ]    アメリカの文化人類学者。ニューヨーク市生まれ。生後間もなく、はしかのために片耳の聴力を失う。 1914年、生化学者のスタンレーと結婚。その後、推理小説や女性活動家の伝記の習作に取り組むが、出版には至らなかった。1921年コロンビア大学の大学院でフランツ・ボアズらから人類学を学ぶ。同大学の非常勤講師を経て、1937年准教授になる。1943年戦時情報局に勤務し、1946年『菊と刀』を出版。死の2カ月前、正教授に任じられた。主著に『文化の型』など。
[訳者] 角田安正    Tsunoda Yasumasa
1958年生まれ。防衛大学校教授。ロシア地域研究専攻。在ロシア日本国大使館専門調査員を経て現職。訳書に『国家と革命』(レーニン)、『上からの革命−ソ連体制の終焉』(コッツほか)、『帝国主義論』(レーニン)、『菊と刀』(ベネディクト)、『市民政府論』(ロック)、共訳書に『ゴルバチョフ・ファクター』(ブラウン)などがある。
リヴァイアサン2
リヴァイアサン2

ホッブズ

角田安正 訳

リヴァイアサン1
リヴァイアサン1

ホッブズ

角田安正 訳

市民政府論
市民政府論

ロック

角田安正 訳

帝国主義論
帝国主義論

レーニン

角田安正 訳