革命を予見し、指導し、擁護した重要論文を厳選!

ロシア革命とは何か トロツキー革命論集

ロシア革命とは何か トロツキー革命論集

トロツキー    
森田成也  訳   

ロシア革命100周年
何を目指したのか?


作品

革命の理論的支柱であったトロツキーが、自身の永続革命論について展開した「総括と展望」と亡命後に行った歴史的な「コペンハーゲン演説」、スターリニズムを批判した「スターリニズムとボリシェヴィズム」など6本の論文を厳選収録。ロシア革命100周年企画第1弾!


内容

本書は、トロツキーの永続革命論の全体像とロシア革命の全体像を理解する手頃な入門書になっていると思われる。そして、それは同時に、マルクス以降のマルクス主義の最も優れた成果の一つを学ぶ手引きにもなるだろう。(解説より)


目次
  • 第1部 総括と展望
  • 1「総括と展望――ロシア革命の推進力」(1906年)
  • 2「権力のための闘争」(1915年)
  • 3「『総括と展望』ロシア語版序文」(1919年)
  • 第2部 十月革命の擁護
  • 4「十月革命とは何か――ロシア革命の擁護」(コペンハーゲン演説)(1932年)
  • 5「スターリニズムとボリシェヴィズム」(1937年)
  • 6「ロシア革命の三つの概念」(1939年)
  • 解説:森田成也
  • 年譜
  • 訳者あとがき
レフ・トロツキー    Л. Д. Троцкий
[ 1879 - 1940 ]    ロシアの革命家、第4インターナショナルの創設者。南ウクライナの自営農の家に生まれ、10代の頃より革命運動に従事。最初の逮捕と亡命後にレーニンらの『イスクラ』に寄稿。1905年革命で指導的役割を果たした。1917年革命の際にはレーニンと密接に協力して10月革命を指導。レーニンの政治的離脱後、官僚主義の克服と工業化を訴えるがスターリン派によって弾圧される。1929年に国外追放。1940年8月、スターリンの刺客にピッケルで頭を打ちぬかれて死亡。著書に『総括と展望』『レーニン死後の第3インターナショナル』『ロシア革命史』『わが生涯』など多数。
[訳者] 森田成也    Morita Seiya
1965年生まれ。大学非常勤講師。主な著書に『資本主義と性差別』『資本と剰余価値の理論』『価値と剰余価値の理論』など。訳書は『新自由主義』(ハーヴェイ、共訳)、『賃労働と資本/賃金・価格・利潤』『資本論 第一部草稿 直接的生産過程の諸結果』(マルクス)、『トロツキー わが生涯(上)』『レーニン』『永続革命論』『ニーチェからスターリンへ トロツキー人物論集【1900−1939】』『ロシア革命とは何か トロツキー革命論集』(すべてトロツキー)など多数。
永続革命論
永続革命論

トロツキー

森田成也 訳

レーニン
レーニン

トロツキー

森田成也 訳

賃労働と資本/賃金・価格・利潤
賃労働と資本/賃金・価格・利潤

マルクス

森田成也 訳