『イワン・イリイチの死/クロイツェル・ソナタ』(トルストイ/望月哲男 訳) - 光文社古典新訳文庫


ホーム > Booksリスト > イワン・イリイチの死/クロイツェル・ソナタ

イワン・イリイチの死/クロイツェル・ソナタ

イワン・イリイチの死/クロイツェル・ソナタ

  • トルストイ/望月哲男 訳
  • 定価(本体629円+税)
  • ISBN:75109-8
  • 発売日:2006.10.12
  • 電子書籍あり

トルストイの文体が持っている「音とリズム」を日本語に移しかえることを意図した新訳。近代小説への懐疑をくぐり抜けた後の、新しい作風を端正な文体で再現する。

作品

若くして文学的成功を収めたトルストイは、50歳を過ぎて深い懐疑の中に沈んだ。その時代に書かれたこの2作品は、嫉妬による妻殺しや、孤独な死への恐怖など、現代にもつながるテーマを扱っている。人間社会への鋭い批判を小説に込めた作者の、ひとつの到達点。


物語

官界における栄達を遂げた判事イワン・イリイチ。ある日、病によって初めて「自らの死」と直面する(イワン・イリイチの死)。美しい妻と音楽師との関係を疑ったボーズヌイシェフ公爵は、嫉妬の情念を燃やし、ついには妻をその手に......(クロイツェル・ソナタ)。トルストイの後期中編2作品。


レフ・ニコラエヴィチ・トルストイ
[1828−1910] ロシアの小説家。19世紀を代表する作家の一人。無政府主義的な社会活動家の側面をもち、徹底した反権力的な思索と行動、反ヨーロッパ的な非暴力主義は、インドのガンジー、日本の白樺派などにも影響を及ぼしている。活動は文学・政治を超えた宗教の世界にも及び、1901年に受けたロシア正教会破門の措置は、今に至るまで取り消されていない。主著に『アンナ・カレニーナ』、『戦争と平和』、『復活』など。
[訳者]望月哲男
1951年生まれ。北海道大学教授。ロシア文化・文学専攻。著書に『ドストエフスキー・カフェ--現代ロシアの文学風景』、訳書に『ロマンI、II』(ソローキン)、『ドストエフスキーの詩学』(バフチン、共訳)、『自殺の文学史』(チハルチシヴィリ、共訳)、『アレクサンドルII世暗殺』(ラジンスキー、共訳)など。
《関連刊行本》
『死の家の記録』(ドストエフスキー/望月哲男 訳)
『スペードのクイーン/ベールキン物語』(プーシキン/望月哲男 訳)
『コサック 1852年のコーカサス物語』(トルストイ/乗松亨平 訳)
『イワン・イリイチの死/クロイツェル・ソナタ』(トルストイ/望月哲男 訳)
『アンナ・カレーニナ4』(トルストイ/望月哲男 訳)
『アンナ・カレーニナ3』(トルストイ/望月哲男 訳)
『アンナ・カレーニナ2』(トルストイ/望月哲男 訳)
『アンナ・カレーニナ1』(トルストイ/望月哲男 訳)
  • Clip to Evernote
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


【創刊11周年! 秋の古典新訳文庫フェア】ボイメン直筆サイン入り色紙プレゼント! 光文社古典新訳文庫創刊10周年記念特設サイト ナルニア国 光文社古典新訳文庫読書エッセイコンクール2016 光文社ウェブサイト 光文社電子書籍

電子書店により、スケジュール・フェア価格等が異なる場合があります。詳細は各電子書店にお問い合せください。

メールマガジン登録 光文社古典新訳文庫著者別刊行本リスト