死を選ぶアンナ 戦場に赴くヴロンスキー

アンナ・カレーニナ4 <全4巻>

アンナ・カレーニナ4 <全4巻>

トルストイ    
望月哲男  訳   

恋愛小説の最高峰、ついに完結!

作品

日常世界と観念世界、恋愛と政治、農業と哲学をひとつのカンバスに描き出す壮大かつ緻密なデザイナーであり、野性味と茶目っ気もふんだんに備えたトルストイの魅力がこの作品には凝縮されている。(訳者)


物語

「そうだ、死ぬんだ!......死ねば全部が消える」。すべてを投げ捨ててヴロンスキーとの愛だけに生きようとしたアンナだが、狂わんばかりの嫉妬と猜疑に悩んだすえ、悲惨な鉄道自殺をとげる。トルストイの代表作のひとつである、壮大な恋愛・人間ドラマがここに完結!

レフ・ニコラエヴィチ・トルストイ    Л. Н. Толстой
[ 1828 - 1910 ]    ロシアの小説家。19世紀を代表する作家の一人。無政府主義的な社会活動家の側面をもち、徹底した反権力的な思索と行動、反ヨーロッパ的な非暴力主義は、インドのガンジー、日本の白樺派などにも影響を及ぼしている。活動は文学・政治を超えた宗教の世界にも及び、1901年に受けたロシア正教会破門の措置は、今に至るまで取り消されていない。主著に『アンナ・カレニーナ』、『戦争と平和』、『復活』など。
[訳者] 望月哲男    Mochizuki Tetsuo
1951年生まれ。北海道大学特任教授。ロシア文化・文学専攻。著書に『「アンナ・カレーニナ」を読む』『ドストエフスキーカフェ-――現代ロシアの文学風景』、『ユーラシア地域大国の文化表象』、訳書に『白痴』『死の家の記録』(ドストエフスキー)、『アンナ・カレーニナ』『イワン・イリイチの死/クロイツェル・ソナタ』(トルストイ)、『ロマンⅠ、Ⅱ』(ソローキン)、『ドストエフスキーの詩学』(バフチン、共訳)、『自殺の文学史』(チハルチシヴィリ、共訳)、『アレクサンドルⅡ世暗殺』(ラジンスキー、共訳)、『青い脂』(ソローキン、共訳)など。『アンナ・カレーニナ』でロシア文学翻訳最優秀賞受賞。
コサック 1852年のコーカサス物語
コサック 1852年のコーカサス物語

トルストイ

乗松亨平 訳

アンナ・カレーニナ3 <全4巻>
アンナ・カレーニナ3 <全4巻>

トルストイ

望月哲男 訳

アンナ・カレーニナ2 <全4巻>
アンナ・カレーニナ2 <全4巻>

トルストイ

望月哲男 訳

アンナ・カレーニナ1 <全4巻>
アンナ・カレーニナ1 <全4巻>

トルストイ

望月哲男 訳

スペードのクイーン/ベールキン物語
スペードのクイーン/ベールキン物語

プーシキン

望月哲男 訳

死の家の記録
死の家の記録

ドストエフスキー

望月哲男 訳