トルストイの文体が持っている「音とリズム」を日本語に移しかえることを意図した新訳。

イワン・イリイチの死/クロイツェル・ソナタ

イワン・イリイチの死/クロイツェル・ソナタ

トルストイ    
望月哲男  訳   

近代小説への懐疑をくぐり抜けた後の、新しい作風を端正な文体で再現する。

作品

若くして文学的成功を収めたトルストイは、50歳を過ぎて深い懐疑の中に沈んだ。その時代に書かれたこの2作品は、嫉妬による妻殺しや、孤独な死への恐怖など、現代にもつながるテーマを扱っている。人間社会への鋭い批判を小説に込めた作者の、ひとつの到達点。


物語

官界における栄達を遂げた判事イワン・イリイチ。ある日、病によって初めて「自らの死」と直面する(イワン・イリイチの死)。美しい妻と音楽師との関係を疑ったボーズヌイシェフ公爵は、嫉妬の情念を燃やし、ついには妻をその手に......(クロイツェル・ソナタ)。トルストイの後期中編2作品。


レフ・ニコラエヴィチ・トルストイ    Л. Н. Толстой
[ 1828 - 1910 ]    ロシアの小説家。19世紀を代表する作家の一人。無政府主義的な社会活動家の側面をもち、徹底した反権力的な思索と行動、反ヨーロッパ的な非暴力主義は、インドのガンジー、日本の白樺派などにも影響を及ぼしている。活動は文学・政治を超えた宗教の世界にも及び、1901年に受けたロシア正教会破門の措置は、今に至るまで取り消されていない。主著に『アンナ・カレニーナ』、『戦争と平和』、『復活』など。
[訳者] 望月哲男    Mochizuki Tetsuo
1951年生まれ。北海道大学特任教授。ロシア文化・文学専攻。著書に『「アンナ・カレーニナ」を読む』『ドストエフスキーカフェ-――現代ロシアの文学風景』、『ユーラシア地域大国の文化表象』、訳書に『白痴』『死の家の記録』(ドストエフスキー)、『アンナ・カレーニナ』『イワン・イリイチの死/クロイツェル・ソナタ』(トルストイ)、『ロマンⅠ、Ⅱ』(ソローキン)、『ドストエフスキーの詩学』(バフチン、共訳)、『自殺の文学史』(チハルチシヴィリ、共訳)、『アレクサンドルⅡ世暗殺』(ラジンスキー、共訳)、『青い脂』(ソローキン、共訳)など。『アンナ・カレーニナ』でロシア文学翻訳最優秀賞受賞。
コサック 1852年のコーカサス物語
コサック 1852年のコーカサス物語

トルストイ

乗松亨平 訳

アンナ・カレーニナ4 <全4巻>
アンナ・カレーニナ4 <全4巻>

トルストイ

望月哲男 訳

アンナ・カレーニナ3 <全4巻>
アンナ・カレーニナ3 <全4巻>

トルストイ

望月哲男 訳

アンナ・カレーニナ2 <全4巻>
アンナ・カレーニナ2 <全4巻>

トルストイ

望月哲男 訳

アンナ・カレーニナ1 <全4巻>
アンナ・カレーニナ1 <全4巻>

トルストイ

望月哲男 訳

スペードのクイーン/ベールキン物語
スペードのクイーン/ベールキン物語

プーシキン

望月哲男 訳

死の家の記録
死の家の記録

ドストエフスキー

望月哲男 訳