アンナは嫉妬という悪魔に魅入られる

アンナ・カレーニナ2 <全4巻>

アンナ・カレーニナ2 <全4巻>

トルストイ    
望月哲男  訳   

作品

登場人物たちの微妙に揺れ動く心理と時代背景を、端正かつ抑制の利いた訳文で鮮やかに抽出する。 初めてこの傑作の全貌が明らかになる新訳。
これほどまでに魅力的なアンナは、いなかった!


物語

官僚としての体面と世間体を重んじる夫の冷酷な態度に苦しみながらも、アンナはヴロンスキーとの破滅的な愛に 身を投じていく。愛するゆえに苦しみ悩んだ結論は......。
一方、新しい農業経営の理想に燃えるリョーヴィンは、失意から立ち直ったキティとの結婚を決めるのだった。


レフ・ニコラエヴィチ・トルストイ    Л. Н. Толстой
[ 1828 - 1910 ]    ロシアの小説家。19世紀を代表する作家の一人。無政府主義的な社会活動家の側面をもち、徹底した反権力的な思索と行動、反ヨーロッパ的な非暴力主義は、インドのガンジー、日本の白樺派などにも影響を及ぼしている。活動は文学・政治を超えた宗教の世界にも及び、1901年に受けたロシア正教会破門の措置は、今に至るまで取り消されていない。主著に『アンナ・カレニーナ』、『戦争と平和』、『復活』など。
[訳者] 望月哲男    Mochizuki Tetsuo
1951年生まれ。北海道大学特任教授。ロシア文化・文学専攻。著書に『「アンナ・カレーニナ」を読む』『ドストエフスキーカフェ-――現代ロシアの文学風景』、『ユーラシア地域大国の文化表象』、訳書に『白痴』『死の家の記録』(ドストエフスキー)、『アンナ・カレーニナ』『イワン・イリイチの死/クロイツェル・ソナタ』(トルストイ)、『ロマンⅠ、Ⅱ』(ソローキン)、『ドストエフスキーの詩学』(バフチン、共訳)、『自殺の文学史』(チハルチシヴィリ、共訳)、『アレクサンドルⅡ世暗殺』(ラジンスキー、共訳)、『青い脂』(ソローキン、共訳)など。『アンナ・カレーニナ』でロシア文学翻訳最優秀賞受賞。
コサック 1852年のコーカサス物語
コサック 1852年のコーカサス物語

トルストイ

乗松亨平 訳

アンナ・カレーニナ4 <全4巻>
アンナ・カレーニナ4 <全4巻>

トルストイ

望月哲男 訳

アンナ・カレーニナ3 <全4巻>
アンナ・カレーニナ3 <全4巻>

トルストイ

望月哲男 訳

アンナ・カレーニナ1 <全4巻>
アンナ・カレーニナ1 <全4巻>

トルストイ

望月哲男 訳

スペードのクイーン/ベールキン物語
スペードのクイーン/ベールキン物語

プーシキン

望月哲男 訳

死の家の記録
死の家の記録

ドストエフスキー

望月哲男 訳