ナボコフ、初期の傑作! あの『ロリータ』の原型

カメラ・オブスクーラ

カメラ・オブスクーラ

ナボコフ    
貝澤 哉  訳   

ロシア語原典から初の翻訳!

作品

「言葉の魔術師」ナボコフが駆使する込み入った比喩と描写、そしてさまざまな仕掛け。英語版とは大きく異なるロシア語原典の独特の雰囲気を活かし、細部の緻密な面白さを際立たせた野心的な新訳。


内容

裕福で育ちの良い美術評論家クレッチマーは、たまたま出会った美少女マグダに夢中になるのだが、そこにマグダの昔の愛人が偶然姿をあらわす。ひそかに縒りを戻したマグダに裏切られているとは知らず、クレッチマーは妻と別居し愛娘をも失い、奈落の底に落ちていく......。


「ナボコフから読者への挑戦状」貝澤 哉さんに聞く
img_20111005_nabokov.jpg
創刊5周年記念対談
『ロリータ』だけじゃ分からない!"言葉の魔術師"ナボコフの魅力を語る。
沼野充義(東京大学教授)×貝澤哉(早稲田大学教授)
2011年10月5日(水)収録
YouTube[古典新訳文庫チャンネル]>>
ウラジーミル・ナボコフ    Владимир Набоков
[ 1899 - 1977 ]    ロシア出身の多言語作家。サンクト=ペテルブルクの貴族の家庭に生まれる。1919年、革命を避けて出国。'20年代から、ベルリンやパリのロシア語新聞、雑誌に「シーリン」の筆名で作品を寄稿し始め、短編から中編、長編と数多くの作品を刊行し、またフランス語、英語での創作にも手を染めた。'37年、ナチス支配のドイツを逃れ、フランスに移住。'40年にはアメリカに移住した。英語で執筆され、'58年にアメリカで刊行した『ロリータ』は大きな話題となり世界的名声を獲得した。'77年、風邪を悪化させ気管支炎となり、ローザンヌの病院で死去。主な作品に『賜物』『アーダ、あるいは情熱ーある家族の年代記』など。また翻訳も多数ある。
[訳者] 貝澤 哉    Kaizawa Hajime
ロシア文学者。早稲田大学文学学術院教授。著書に『引き裂かれた祝祭 バフチン・ナボコフ・ロシア文化』、訳書に『カメラ・オブスクーラ』『絶望』『偉業』(ナボコフ)、『ナボコフ全短篇』(ナボコフ、共訳)、『アウェイ ゲーム』(マリーニナ)、『全体主義芸術』(ゴロムシトク)などがある。
偉業
偉業

ナボコフ

貝澤 哉 訳

絶望
絶望

ナボコフ

貝澤 哉 訳