いえいえ嘘はひとつもございません

ほら吹き男爵の冒険

ほら吹き男爵の冒険

ビュルガー    
酒寄進一  訳   
戦地へ、海の中へ、月へ…… 汲めども尽きぬ、奇想天外な武勇伝。
作品
ミュンヒハウゼン男爵は実在した人物で、ロシア帝国に仕官し、対トルコ帝国戦争に従軍した。彼の体験談に尾ひれがついたものに、荒唐無稽な海や地底での冒険譚、古くからの民話や、当時の風刺の要素が加わったものが「ほら吹き男爵の物語群」であり、その代表格が本作である。
物語
世界各地を旅したミュンヒハウゼン男爵は、いかなる奇策で猛獣を退治し、敵軍に打撃を与え、英雄的な活躍をするに至ったのか。そして海中、地底、月世界をも股に掛ける冒険はいかに成し遂げられたのか。奇妙だが真実の体験が、彼自身の口から語られる! 有名なドレの挿画も全点収録。
目次
英語版編者の緒言
ドイツ語版に寄せて
ほら吹き男爵の冒険
ミュンヒハウゼン男爵自身の話
海洋冒険その一
海洋冒険その二
海洋冒険その三
海洋冒険その四
海洋冒険その五
海洋冒険その六
海洋冒険その七
続・男爵の物語
海洋冒険その八
海洋冒険その九
海洋冒険その十──月旅行その二
地球の真ん中をつっきる旅ほか摩訶不思議な冒険の数々
 解説 酒寄進一
 年譜
 訳者あとがき
ゴットフリート・アウグスト・ビュルガー    Gottfried August Bürger
[ 1747 - 1794 ]   

ドイツの詩人。理性よりも感情を重視する、いわゆる「シュトゥルム・ウント・ドラング(疾風怒濤)」の時代に活躍。1774年に発表したバラード「レノ ーレ」で詩人として名声を得る。文学雑誌の編集人や、ゲッティンゲン大学の講師を務め、ホメロスやシェイクスピアなどの翻訳も手がけた。1786年にはイギリスで刊行されていたラスペ『マンチョーゼン男爵のロシアの奇妙な旅と戦役の話』を翻訳・翻案し、本作『ミュンヒハウゼン男爵のすばらしい旅行記 海と陸、遠征、愉快な冒険の数々』として匿名で出版。没後にビュルガーの手によるものと明かされた。

[訳者] 酒寄進一    Sakayori Shinichi
1958年生まれ。ドイツ文学翻訳家。和光大学教授。『犯罪』(シーラッハ)で2012年本屋大賞「翻訳小説部門」第1位を受賞。主な訳書に『テロ』(シーラッハ)、『深い疵』(ノイハウス)、『刺青の殺人者』(グルーバー)、『ゲルマニア』(ギルバース)、『囀る魚』(セシェ)、『赤毛のゾラ』(ヘルト)、『春のめざめ』(ヴェデキント)など。
書評
2020.07.05    読売新聞    文庫新書(評:青木千恵さん)
デーミアン
デーミアン

ヘッセ

酒寄進一 訳