「君は人生を逆境だというのか。百回でも繰り返す価値はあったさ」

人間のしがらみ(下)

人間のしがらみ(下)

モーム    
河合祥一郎  訳   
愛してくれない人への執着の果てに……
『月と六ペンス』のモームからあなたへ!
作品
本当の意味で「生きる」とは (......)慌ただしく過ぎていく時 間に追われ、どうすることもできない偶然に巻き込まれながら、それでも一瞬一瞬をつかみとってゆくことなのだろう。つかみとろうともがく力が強ければ強いほど、人は大きな体験をする。(「解説」より)
物語
ミルドレッドへの思いを断ち切ったフィリップに訪れる新しい出会いと思わぬ再会。感情を大きくかき乱す出来事の数々に翻弄されるなか、青年はある一家との交際のなかで人生の尊さをだんだんと感じ始め......。人気絶頂のモームが専念して書かざるを得なかった20世紀英文学の代表的傑作。
目次
人間のしがらみ(下)
 解説 河合祥一郎
 年譜
 訳者あとがき
ウィリアム・サマセット・モーム    Willam Somerset Maugham
[ 1874 - 1965 ]    イギリスの劇作家、小説家。イギリス人の両親のもと、フランスで生まれる。幼くして両親を亡くし、イギリスの叔父に引き取られる。10代は学校生活になじめず読書に逃避。やがて演劇の面白さに目覚め、作家を志すが、現実的な選択として、医学校に入学。1897年、貧民街での実習経験をもとにした『ランベスのライザ』を出版。1907~1908年にはロンドンで上演された戯曲が次々に大成功を収め、社交界の名士となる。第一次大戦中は、英国諜報部員として諜報活動に従事。40代以降は、ヨーロッパ各地や南太平洋の島々をたびたび訪れ、数々の短編を生み出した。長編の代表作に『人間のしがらみ』『月と六ペンス』など。
[訳者] 河合祥一郎    Kawai Shoichiro
1960年生まれ。東京大学教授。東京大学およびケンブリッジ大学より博士号を取得。著書に『ハムレットは太っていた!』(第23回 サントリー学芸賞受賞)『シェイクスピアの正体』ほか多数。主な訳書に『ハムレット』(シェイクスピア)ほか、『不思議の国のアリス』(キャロル)、『新訳ナルニア国物語』シリーズ(C・S・ルイス)、『オイディプス王』(ソポクレス)などがある。
人間のしがらみ(上)
人間のしがらみ(上)

モーム

河合祥一郎 訳

月と六ペンス
月と六ペンス

モーム

土屋政雄 訳

オイディプス王
オイディプス王

ソポクレス

河合祥一郎 訳