早熟な少年の人妻への恋を、天才作家が悪魔的な筆致で描く

肉体の悪魔

肉体の悪魔

ラディゲ    
中条省平  訳   

20世紀心理小説の白眉研ぎ澄まされた文体で甦った決定訳!

作品

未成熟ゆえの、純粋でわがままで残酷な愛情。ときおり垣間見せる大人のような洞察力----。
少年の透徹した感性を、鋭利な文体で大胆に描く夭逝した天才作家ラディゲ、18歳の処女作。

物語

第一次大戦下のフランス。パリの学校に通う15歳の「僕」は、ある日、19歳の美しい人妻マルトと出会う。二人は年齢の差を超えて愛し合い、マルトの新居でともに過ごすようになる。やがてマルトの妊娠が判明したことから、二人の愛は破滅に向かって進んでいく......。

レーモン・ラディゲ    Raymond Radiguet
[ 1903 - 1923 ]    フランスの詩人・小説家。風刺画家を父として、パリ郊外に生まれる。幼少期は成績優秀な生徒だったが、長じて、文学に傾倒。14歳で『肉体の悪魔』のモデルといわれる年上の女性と恋愛関係となり、欠席が増えて退学処分となる。退学後、詩人のジャコブやコクトーと出会い、処女長編小説の本作で文壇デビュー。ベストセラーとなる。その後もコクトーと旅をしながら『ドルジェル伯の舞踏会』を執筆するが、1923年、腸チフスにより20歳の若さで死去。
[訳者] 中条省平    Chujo Shohei
1954年生まれ。学習院大学教授。仏文学研究のほか、映画・文学・マンガ・ジャズ評論など多方面で活動。主著に『恋愛書簡術』『反=近代文学史』『フランス映画史の誘惑』。訳書に『マダム・エドワルダ/目玉の話』(バタイユ)、『恐るべき子供たち』(コクトー、共訳)、『肉体の悪魔』(ラディゲ)、『花のノートルダム』(ジュネ)、『消しゴム』(ロブ=グリエ)、『狭き門』(ジッド、共訳)ほか多数。
ドルジェル伯の舞踏会
ドルジェル伯の舞踏会

ラディゲ

渋谷 豊 訳

にんじん
にんじん

ルナール

中条省平 訳

狭き門
狭き門

ジッド

中条省平 訳
中条志穂 訳

消しゴム
消しゴム

ロブ=グリエ

中条省平 訳

花のノートルダム
花のノートルダム

ジュネ

中条省平 訳

恐るべき子供たち
恐るべき子供たち

コクトー

中条省平 訳
中条志穂 訳

マダム・エドワルダ/目玉の話
マダム・エドワルダ/目玉の話

バタイユ

中条省平 訳