画期的新訳ついに登場!! 真の魯迅像を忠実に再現

故郷/阿Q正伝

故郷/阿Q正伝

魯迅    
藤井省三  訳   

作品

魯迅は中国が近代的国民国家へと大変貌を遂げる際に、主体的に変革に参加しない膨大な群衆、参加しようにも参加できない過去の幽霊のような人々を描き出し、新しい時代の国民性を模索した。(訳者)


内容

久しぶりに再会した幼なじみは、かつて僕の英雄だった輝きを失っていた......「故郷」。定職も学もない男が、革命の噂に憧れを抱いた顛末を描く「阿Q正伝」。周りの者がみな僕を食おうとしている! 狂気の所在を追求する「狂人日記」。文学で革命を起こした魯迅の代表作16篇。

収録作品
  • 吶喊(とっかん)
  • 孔乙己(コンイーチー)
  • 小さな出来事
  • 故郷
  • 阿Q正伝
  • 端午の節季
  • あひるの喜劇
  • 朝花夕拾(ちょうかせきしゅう)
  • お長(ちょう)と『山海経(せんがいきょう)』
  • 百草園(ひゃくそうえん)から三味書屋(さんみしょおく)へ
  • 父の病
  • 追想断片
  • 藤野先生
  • 范愛農(ファンアイノン)
  • 付録--『吶喊』より
  • 自序
  • 兎と猫
  • 狂人日記
魯迅    Lu Xun
[ 1881 - 1936 ]   

中国浙江省紹興の地主・官僚を兼ねる知識層の士大夫の家に生まれる。1896年に父が病死して、家も傾く。1902年日本へ留学し医学を志すも、文化の改革の必要性を痛感して文学に転向。留学中には欧米文学の中国への紹介・翻訳に力を注ぐ。'09年の帰国後は、雑誌『新青年』を中心に起きた、口語文による「新しい国語」で、民衆を国民国家の成立へ向けて導こうとする文学革命運動に参加。'18年に代表作『狂人日記』、'22年『阿Q正伝』を発表。旧制度、旧道徳の病根を描いた作品は中国現代文学の礎となった。

[訳者] 藤井省三    Fujii Shozo
1952年生まれ。現代中国文学者。1991年魯迅研究により文学博士。著書に『魯迅事典』『魯迅「故郷」の読書史』『村上春樹のなかの中国』。訳書に『魯迅全集・第12巻「訳文序跋集」』(共訳)、『酒国』(莫言)、『神樹』(鄭義)、『夫殺し』(李昂)、『故郷/阿Q正伝』『酒楼にて/非攻』(魯迅)ほか多数。
酒楼にて/非攻
酒楼にて/非攻

魯迅

藤井省三 訳

傾城の恋/封鎖
傾城の恋/封鎖

張愛玲

藤井省三 訳