意外なギャッツビー像が見えてくる。

グレート・ギャッツビー

グレート・ギャッツビー

フィッツジェラルド    
小川高義  訳   

リアルな人物造形を可能にした新訳

作品

巨万の富を手に入れ、一途な愛に生きる男ギャッツビーは、じつはあまり華麗ではなかった。愛するデイジーを前にすると緊張のあまりあわてふためく姿は滑稽なほど。リアルな"恋する男"ギャッツビー、ここに誕生!


内容

絢爛豪華な邸宅に贅沢な車を持ち、夜ごと盛大なパーティを開く男、ギャッツビーがここまで富を築き上げてきたのは、すべて、かつての恋人を取り戻すためだった。だが、異常なまでのその一途な愛は、やがて悲劇を招く。過去は取り返せる----そう信じて夢に砕けた男の物語。

F・スコット・フィッツジェラルド    F.Scott Fitzgerald
[ 1896 - 1940 ]    ミネソタ州セントポール生まれ。プリンストン大学在学中から創作を始め、1920年『楽園のこちら側』で文壇に登場、絶賛を浴びる。妻ゼルダとの、作中人物さながらの華麗な私生活も注目を集め、一躍時代の寵児となる。1925年発表の傑作『グレート・ギャッツビー』などでロスト・ジェネレーションを代表する作家として確固たる地位を築く。そのほかの代表作に、『ジャズ・エイジの物語』『夜はやさし』など。
[訳者] 小川高義    Ogawa Takayoshi
1956年生まれ。東京工業大学名誉教授。著書に『翻訳の秘密』。訳書に『低地』(ラヒリ)、『さゆり』(ゴールデン)、『骨』(フェイ・ミエン・イン)、『オリーヴ・キタリッジの生活』(ストラウト)、『老人と海』(ヘミングウェイ)、『緋文字』(ホーソーン)、『黒猫/モルグ街の殺人』(ポー)、『若者はみな悲しい』『グレート・ギャッツビー』(共にフィッツジェラルド)ほか多数。
若者はみな悲しい
若者はみな悲しい

フィッツジェラルド

小川高義 訳

アッシャー家の崩壊/黄金虫
アッシャー家の崩壊/黄金虫

ポー

小川高義 訳

老人と海
老人と海

ヘミングウェイ

小川高義 訳

緋文字
緋文字

ホーソーン

小川高義 訳

黒猫/モルグ街の殺人
黒猫/モルグ街の殺人

ポー

小川高義 訳