『ハックルベリー・フィンの冒険(下)』(トウェイン/土屋京子 訳) - 光文社古典新訳文庫


ホーム > Booksリスト > ハックルベリー・フィンの冒険(下)

ハックルベリー・フィンの冒険(下)

ハックルベリー・フィンの冒険(下)

  • トウェイン/土屋京子 訳
  • 定価(本体1,200円+税)
  • ISBN:75293-4
  • 発売日:2014.6.12
  • 電子書籍あり

大冒険の果てに待っていたのは、なんてこった、アイツじゃねーか!!
筏の冒険、詐欺師たち、やさしい人々...... ハックの旅はクライマックスを迎える!

作品

ジムとの筏の旅には危険が一杯。さらに途中で道連れとなった詐欺師どもは厄介事ばかり引き起こす。だがハックを本当に悩ませていたのは、おたずね者の逃亡奴隷ジムをどうするかという問題だった。そして彼は重大な決断を下す。アメリカの魂といえる名作、決定訳で登場。解説は石原剛さん(早稲田大学教授)。


内容

大人たちはなぜ堅苦しくしたいのか、金なんかないほうが気楽じゃないか、なぜ人人は殺し合うのか...... 常識にとらわれずに自分で考えて生きるハックの頭の中は、そんな問いに満ちている。ときに手に汗握る、ときに抱腹絶倒の冒険譚を紡ぎ出すいっぽう、作者トウェインの視線は、いつの時代の社会にもある問題を痛烈に射抜いているのだ。

[書評]
    東京新聞夕刊2014年8月30日/「本から広がる」
    「自由を求めるすべての人を勇気づける不朽の名作だ」
マーク・トウェイン
[1835-1910]  アメリカの作家。ミズーリ州フロリダに生まれる。印刷工、ミシシッピ河を運航する蒸気船の水先案内人、新聞記者などの職業を経て、作家となる。1867年、最初の単行本『キャラヴェラス郡の名高き跳び蛙』を刊行。以後、『トム・ソーヤーの冒険』『王子と乞食』『ハックルベリー・フィンの冒険』『アーサー王宮廷のコネチカット・ヤンキー』等の小説を発表するほか、『ミシシッピ河の生活』等のエッセイや評論も多数執筆。ユーモアと痛烈な文明批判を織り交ぜた作風は、後世に多大な影響を与えた。1910年、コネチカット州レディングの自宅で死去。享年74。
[訳者]土屋京子
1956年生まれ。東京大学教養学部卒。翻訳家。訳書に『トム・ソーヤーの冒険』(トウェイン)、『ワイルド・スワン』(ユン・チアン)、『マオ 誰も知らなかった毛沢東』(ユン・チアン、ジョン・ハリデイ)、『ヤァヤァ・シスターズの聖なる秘密』(ウェルズ)、『EQ〜こころの知能指数』(ゴールマン)、『秘密の花園』(バーネット)、『仔鹿物語(上・下)』(ローリングズ)、『部屋』(ドナヒュー)ほか多数。
《関連刊行本》
『秘密の花園』(バーネット/土屋京子 訳)
『仔鹿物語(下)』(ローリングズ/土屋京子 訳)
『仔鹿物語(上)』(ローリングズ/土屋京子 訳)
『ハックルベリー・フィンの冒険(下)』(トウェイン/土屋京子 訳)
『ハックルベリー・フィンの冒険(上)』(トウェイン/土屋京子 訳)
『ナルニア国物語4 カスピアン王子』(C・S・ルイス/土屋京子 訳)
『ナルニア国物語3 馬と少年』(C・S・ルイス/土屋京子 訳)
『ナルニア国物語2 ライオンと魔女と衣装だんす』(C・S・ルイス/土屋京子 訳)
『ナルニア国物語1 魔術師のおい』(C・S・ルイス/土屋京子 訳)
『トム・ソーヤーの冒険』(トウェイン/土屋京子 訳)
『あしながおじさん』(ウェブスター/土屋京子 訳)
  • Clip to Evernote
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


光文社古典新訳文庫創刊10周年記念特設サイト ナルニア国 光文社古典新訳文庫読書エッセイコンクール2016 光文社ウェブサイト 光文社電子書籍

電子書店により、スケジュール・フェア価格等が異なる場合があります。詳細は各電子書店にお問い合せください。

メールマガジン登録 光文社古典新訳文庫著者別刊行本リスト