人生で大切なことはすべてトムが教えてくれる。

トム・ソーヤーの冒険

トム・ソーヤーの冒険

トウェイン    
土屋京子  訳   

鮮烈な新訳でついに登場!

内容

わんぱく少年トムを通じて描かれる、自由を求める心と冒険への憧れ、そして世界を見る無垢な目。アメリカで最も愛されている作家トウェインの半自伝的小説であり、少年たちの声が聞こえてくる翻訳。


解説は都甲幸治さん(早稲田大学文学学術院教授)

トム・ソーヤーは悪さと遊びの天才だ。退屈な教会の説教をクワガタ一匹で忍び笑いの場に変えたり、家出して親友のハックたちと海賊になってみたり。だがある時、偶然に殺人現場を目撃してしまい......。小さな英雄たちの冒険を瑞々しく描いたアメリカ文学の金字塔。

マーク・トウェイン    Mark Twain
[ 1835 - 1910 ]    アメリカの作家。ミズーリ州フロリダに生まれる。印刷工、ミシシッピ河を運航する蒸気船の水先案内人、新聞記者などの職業を経て、作家となる。1867年、最初の単行本『キャラヴェラス郡の名高き跳び蛙』を刊行。以後、『トム・ソーヤーの冒険』『王子と乞食』『ハックルベリー・フィンの冒険』『アーサー王宮廷のコネチカット・ヤンキー』等の小説を発表するほか、『ミシシッピ河の生活』等のエッセイや評論も多数執筆。ユーモアと痛烈な文明批判を織り交ぜた作風は、後世に多大な影響を与えた。1910年、コネチカット州レディングの自宅で死去。享年74。
[訳者] 土屋京子    Tuchiya Kyoko
1956年生まれ。東京大学教養学部卒。翻訳家。訳書に『あしながおじさん』(ウェブスター)、『トム・ソーヤーの冒険』『ハックルベリー・フィンの冒険』(トウェイン)、『秘密の花園』(バーネット)、『仔鹿物語(上・下)』(ローリングズ)、『部屋』(ドナヒュー)、『ワイルド・スワン』(ユン・チアン)、『EQ〜こころの知能指数』(ゴールマン)、ほか多数。
ハックルベリー・フィンの冒険(下)
ハックルベリー・フィンの冒険(下)

トウェイン

土屋京子 訳

ハックルベリー・フィンの冒険(上)
ハックルベリー・フィンの冒険(上)

トウェイン

土屋京子 訳

ナルニア国物語7 最後の戦い
ナルニア国物語7 最後の戦い

C・S・ルイス

土屋京子 訳

ナルニア国物語6 銀の椅子
ナルニア国物語6 銀の椅子

C・S・ルイス

土屋京子 訳

ナルニア国物語4 カスピアン王子
ナルニア国物語4 カスピアン王子

C・S・ルイス

土屋京子 訳

ナルニア国物語3 馬と少年
ナルニア国物語3 馬と少年

C・S・ルイス

土屋京子 訳

ナルニア国物語1 魔術師のおい
ナルニア国物語1 魔術師のおい

C・S・ルイス

土屋京子 訳

あしながおじさん
あしながおじさん

ウェブスター

土屋京子 訳

仔鹿物語(上)
仔鹿物語(上)

ローリングズ

土屋京子 訳

仔鹿物語(下)
仔鹿物語(下)

ローリングズ

土屋京子 訳

秘密の花園
秘密の花園

バーネット

土屋京子 訳