20歳の青年メノンをソクラテスが挑発する!

メノン―徳(アレテー)について

メノン―徳(アレテー)について

プラトン    
渡辺邦夫  訳   

プラトン対話篇 最高の入門書

作品

従来あまり重視されなかったことばのニュアンスを細かく読みとり、対話のやりとりと内容の微妙な関係を鮮明に浮かびあがらせた。プラトンの対話篇を文芸作品としても読み解いた意欲的な新訳。


内容

「徳は教えられるものでしょうか?」メノンの問いに対し、ソクラテスは「徳とは何か?」と切り返す。そして「徳」を定義する試みから知識と信念、学問の方法、魂、善をめぐって議論は進んでいく。西洋哲学の豊かな内容をかたちづくる重要な問いがここで生まれた、初期対話篇の傑作


プラトン    ΠΛΑΤΩΝ
[ 427 B.C. - 347 B.C. ]    古代ギリシャを代表する哲学者。アテネの名門の家系に生まれる。師ソクラテスとの出会いとその刑死をきっかけに哲学の道に入り、40歳ころには学園「アカデメイア」を創設して、晩年まで研究・教育活動に従事した。ソクラテスを主人公とする「対話篇」作品を生涯にわたって書き続け、その数は30編を超える。主な作品として、本書をはじめ、『ソクラテスの弁明』、『メノン』、『パイドン』、『饗宴』、『国家』、『テアイテトス』、『法律』などがある。その壮大な体系的哲学は、後世の哲学者たちに多大な影響を及ぼした。
[訳者] 渡辺邦夫    Watanabe Kunio
1954年生まれ。茨城大学人文学部教授。博士(学術)。東京大学大学院比較文学比較文化専門課程博士課程単位取得退学。古代ギリシャ哲学専攻。著書に『アリストテレス哲学における人間理解の研究』、訳書に『メノン』(プラトン)『ニコマコス倫理学』(アリストテレス)がある。
パイドン──魂について
パイドン──魂について

プラトン

納富信留 訳

テアイテトス
テアイテトス

プラトン

渡辺邦夫 訳

饗宴
饗宴

プラトン

中澤 務 訳

ソクラテスの弁明
ソクラテスの弁明

プラトン

納富信留 訳

ニコマコス倫理学(下)
ニコマコス倫理学(下)

アリストテレス

渡辺邦夫 訳
立花幸司 訳

ニコマコス倫理学(上)
ニコマコス倫理学(上)

アリストテレス

渡辺邦夫 訳
立花幸司 訳