『海に住む少女』(シュペルヴィエル/永田千奈 訳) - 光文社古典新訳文庫


ホーム > Booksリスト>海に住む少女

海に住む少女

海に住む少女

  • シュペルヴィエル/永田千奈 訳
  • 定価(本体476円+税)
  • ISBN:75111-1
  • 発売日:2006.10.12

「フランス版・宮沢賢治」ともいえる、幻想的な詩人・小説家の、短編ベストコレクション。悲しみでも苦しみでもない、切ない気持ちで胸がいっぱいになり、涙がこぼれそうになる

作品

SFであり、童話であり、ファンジーであり、寓話でもある。日本の詩人から「詩聖」と呼ばれたシュペルヴィエルの、幻想にあふれた物語は、不条理な世界で必死に生きるものたちを産み出した。その一篇一篇が読む者の感覚に響き、心にしみ込んでいく。


物語

上記作品の他に、独特な死後の世界を描いた「セーヌ河の名なしの娘」、人間の残忍さを哀しく見つめた「ラニ」、あまりにも有名な聖書の動物たちを主人公にした「ノアの箱船」、切なすぎる孤独を切り取った「牛乳のお椀」など、宝石のような全10篇を収録。


収録作品
  • 海に住む少女
  • 飼葉桶を囲む牛とロバ
  • セーヌ河の名なし娘
  • 空のふたり
  • ラニ
  • バイオリンの声の少女
  • 競馬の続き
  • 足跡と沼
  • ノアの箱舟
  • 牛乳のお椀
ジュール・シュペルヴィエル
[1884−1960]ウルグアイの首都、モンテヴィデオで生まれた。両親はフランス人。10歳のときにフランスに戻り、フランス語で書くことを選ぶ。2つの国に引き裂かれた人生から、独特の複眼的な視点による、幻想的な美しい作品を描いた。詩人、作家。詩集『重力』など。戦後日本の詩人たちに大きな影響を与え、現在に至るまで、コアなファンをもっている。
[訳者]永田千奈
東京生まれ。翻訳家。早稲田大学第一文学部フランス文学専修卒。主な訳書に『ある父親』(シビル・ラカン)、『それでも私は腐敗と闘う』(イングリッド・ベタンクール)、『サーカスの犬』(リュドヴィック・ルーボディ)

《関連刊行本》
『海に住む少女』(シュペルヴィエル/永田千奈 訳)
『孤独な散歩者の夢想』(ルソー/永田千奈 訳)
『女の一生』(モーパッサン/永田千奈 訳)
『クレーヴの奥方』(ラファイエット夫人/永田千奈 訳)
『ひとさらい』(シュペルヴィエル/永田千奈 訳)
  • Clip to Evernote
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


【創刊11周年! 秋の古典新訳文庫フェア】ボイメン直筆サイン入り色紙プレゼント! 光文社古典新訳文庫創刊10周年記念特設サイト ナルニア国 光文社古典新訳文庫読書エッセイコンクール2016 光文社ウェブサイト 光文社電子書籍

電子書店により、スケジュール・フェア価格等が異なる場合があります。詳細は各電子書店にお問い合せください。

メールマガジン登録 光文社古典新訳文庫著者別刊行本リスト