『コサック 1852年のコーカサス物語』(トルストイ/乗松亨平 訳) - 光文社古典新訳文庫


ホーム > Booksリスト > コサック 1852年のコーカサス物語

コサック 1852年のコーカサス物語

コサック
1852年のコーカサス物語

  • トルストイ/乗松亨平 訳
  • 定価(本体876円+税)
  • ISBN:75247-7
  • 発売日:2012.3.13
  • 電子書籍あり

美貌のコサックの娘とモスクワの青年貴族との恋 若きトルストイの知られざる傑作 待望の新訳!

作品

これがあのトルストイ!? コーカサスの大地で美貌のコサック娘とモスクワの青年貴族の恋が展開する。大自然、恋愛、暴力......。トルストイ青春期の生き生きとした描写が、みずみずしい新訳で甦る!


内容

モスクワでの無気力な生活に疲れた青年貴族オレーニンは、チェチェン人と対峙するコーカサス辺境での軍隊勤務を志願する。その地はコサックの自由な精神に溢れていた。そして美しい少女マリヤーナとの恋が彼の内面を変えてゆく。トルストイの従来のイメージを一新する輝かしき青春小説。


「言葉と現実の関係が問われる『コーカサス』という地域から」 乗松亨平さんに聞く
トルストイ
[1828-1910] ロシアの小説家。19世紀を代表する作家の一人。無政府主義的な社会活動家の側面をもち、徹底した反権力的な思索と行動、反ヨーロッパ的な非暴力主義は、インドのガンジー、日本の白樺派などにも影響を及ぼしている。活動は文学・政治を超えた宗教の世界にも及び、1901年に受けたロシア正教会破門の措置は、今に至るまで取り消されていない。主著に『アンナ・カレニーナ』、『戦争と平和』、『復活』など。
[訳者]乗松亨平
1975年生まれ。東京大学大学院人文社会系研究科助教。ロシア文学・思想専攻。著書に『リアリズムの条件----ロシア近代文学の成立と植民地表象』、訳書に『デーモンと迷宮----ダイアグラム・デフォルメ・ミメーシス』(ヤンポリスキー、共訳)など。
《関連刊行本》
『コサック 1852年のコーカサス物語』(トルストイ/乗松亨平 訳)
『イワン・イリイチの死/クロイツェル・ソナタ』(トルストイ/望月哲男 訳)
『アンナ・カレーニナ4』(トルストイ/望月哲男 訳)
『アンナ・カレーニナ3』(トルストイ/望月哲男 訳)
『アンナ・カレーニナ2』(トルストイ/望月哲男 訳)
『アンナ・カレーニナ1』(トルストイ/望月哲男 訳)
  • Clip to Evernote
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


光文社古典新訳文庫創刊10周年記念特設サイト ナルニア国 光文社古典新訳文庫読書エッセイコンクール2016 光文社ウェブサイト 光文社電子書籍

電子書店により、スケジュール・フェア価格等が異なる場合があります。詳細は各電子書店にお問い合せください。

メールマガジン登録 光文社古典新訳文庫著者別刊行本リスト