人間を救うのは愛である。

サイラス・マーナー

サイラス・マーナー

ジョージ・エリオット    
小尾芙佐  訳   
孤独な機織りサイラスの運命は?
ジョージ・エリオット生誕200年 待望の新訳!
作品
訳者の小尾芙佐さんが本書に出会ったのは高校生のときでした。以来、長い歳月を経て、ふたたびめぐり合うことになったこの物語の素晴らしい魅力を、いまのひとたちにもぜひ伝えたい。そんな思いで取り組んだのが今回の新訳です。「……そのドラマチックな展開に、わたしは息を呑み、激しい感動と興奮をおぼえたのでした」(訳者あとがき)
物語
友と恋人に裏切られ、神にも絶望して故郷を捨てたサイラス・マーナーは、たどりついた村のはずれで、機を織って得た金貨を眺めるのを唯一の愉しみとする暮らしをしていた。そんな彼にふたたび襲いかかる災難……。精細な心理描写とドラマチックな展開がさえるエリオットの代表作の一つ。
目次
サイラス・マーナー
 解説 冨田成子
 年譜
 訳者あとがき
ジョージ・エリオット    George Eliot
[ 1819 - 1880 ]   

英国ヴィクトリア朝を代表する小説家。本名メアリ・アン・エヴァンズ。中部の土地差配人の家に生まれ、寄宿学校で教育を受けた後、自宅で外国語などさまざまな学問を独学で学び、30歳で評論雑誌の編集者補佐に。1857年、男性名「ジョージ・エリオット」で小説を発表(翌年『牧師たちの物語』として書籍化)。以降、『アダム・ビード』、『フロス河の水車場』、『サイラス・マーナー』、『ロモラ』、『ダニエル・デロンダ』などの小説を次々と発表し、成功を収める。'71年~'72年に分冊刊行された『ミドルマーチ』はヴァージニア・ウルフをはじめとする後世の作家たちに賞賛され、現代でも英国小説の最高峰との呼び声が高い。

[訳者] 小尾芙佐    Obi Fusa
1932年生まれ。津田塾大学英文科卒。翻訳家。訳書に『闇の左手』(ル・グィン)、『われはロボット』(アシモフ)、『アルジャーノンに花束を』(キイス)、『IT』(キング)、『消えた少年たち』(カード)、『竜の挑戦』(マキャフリイ)、『夜中に犬に起こった奇妙な事件』(ハッドン)、『くらやみの速さはどれくらい』(ムーン)、『ジェイン・エア』(C・ブロンテ)、『高慢と偏見』(オースティン)、『幸福な王子/柘榴の家』(ワイルド)ほか多数。
ミドルマーチ1
ミドルマーチ1

ジョージ・エリオット

廣野由美子 訳

幸福な王子/柘榴の家
幸福な王子/柘榴の家

ワイルド

小尾芙佐 訳

高慢と偏見(下)
高慢と偏見(下)

オースティン

小尾芙佐 訳

高慢と偏見(上)
高慢と偏見(上)

オースティン

小尾芙佐 訳

ジェイン・エア(下)
ジェイン・エア(下)

C・ブロンテ

小尾芙佐 訳

ジェイン・エア(上)
ジェイン・エア(上)

C・ブロンテ

小尾芙佐 訳