死に行く夫が残した卑劣な遺言とは?

ミドルマーチ3

ミドルマーチ3

ジョージ・エリオット    
廣野由美子  訳   
思慕と拒絶、 家計の破綻、 暴かれる秘密……
結末に向かい大きな転回を見せる第3巻!
作品
彼女の目の前には、もはや彼女の同情を呼び起こす、生きて苦しんでいる人の存在はなかった。(中略)夫は、法外な要求をして、 自分自身の評判を大切にする気持ちすらなくしてしまい、ふつうの名誉心を持った人たちさえもびっくりさせるようなことをして、自らの誇りを傷つけてしまうような人間だったのだ。(本文より)
物語
密かに互いを思うウィル・ラディスローとドロシアだが、カソーボンの死にまつわる醜聞がきっかけで、仲を引き裂かれることに。ウィルは出立を前にバルストロードから驚くべき秘密を聞かされる。また、価値観の違いと借金によりリドゲイトとロザモンドの夫婦の間にも影が射す。(全4巻)
目次
ミドルマーチ3
 読書ガイド 廣野由美子
ジョージ・エリオット    George Eliot
[ 1819 - 1880 ]   

英国ヴィクトリア朝を代表する小説家。本名メアリ・アン・エヴァンズ。中部の土地差配人の家に生まれ、寄宿学校で教育を受けた後、自宅で外国語などさまざまな学問を独学で学び、30歳で評論雑誌の編集者補佐に。1857年、男性名「ジョージ・エリオット」で小説を発表(翌年『牧師たちの物語』として書籍化)。以降、『アダム・ビード』、『フロス河の水車場』、『サイラス・マーナー』、『ロモラ』、『ダニエル・デロンダ』などの小説を次々と発表し、成功を収める。'71年~'72年に分冊刊行された『ミドルマーチ』はヴァージニア・ウルフをはじめとする後世の作家たちに賞賛され、現代でも英国小説の最高峰との呼び声が高い。

[訳者] 廣野由美子    Yumiko Hirono

1958年生まれ。英文学者。京都大学教授。著書に『深読みジェイン・オースティン――恋愛心理を解剖する』、『謎解き「嵐が丘」』、『批評理論入門――「フランケンシュタイン」解剖講義』、『ミステリーの人間学――英国古典探偵小説を読む』など多数。訳書に『ジョージ・エリオット』(ドリーン)など。NHK Eテレ『100分de名著』の『フランケンシュタイン』『高慢と偏見』にゲスト講師として出演。

ミドルマーチ2
ミドルマーチ2

ジョージ・エリオット

廣野由美子 訳

サイラス・マーナー
サイラス・マーナー

ジョージ・エリオット

小尾芙佐 訳

ミドルマーチ1
ミドルマーチ1

ジョージ・エリオット

廣野由美子 訳