コラム - 光文社古典新訳文庫


ホーム > コラムTOP

コラム

最新記事

失われた時を求めて2 title_proust01.png産経新聞(大阪版)の夕刊文化欄で連載していた人気コラムを公開中。
[vol.66 2012年8月30日]

全文を読む


《最近のコラム一覧》

[2017年2月21日]
〈あとがきのあとがき〉もう一人のニーチェを掘り起こす 「いま、ここで、生きるということ」──『この人を見よ』の訳者・丘沢静也さんに聞く
[2017年1月30日]
〈あとがきのあとがき〉100年前からもうポストモダン!?  唯一無二の作家、ウラジーミル・ナボコフの不思議な魅力 『偉業』の訳者・貝澤哉さんに聞く
[2016年11月24日]
〈あとがきのあとがき〉ゴリオは、娘をダメにした変態オヤジかも?
『ゴリオ爺さん』の訳者・中村佳子さんに聞く
[2016年2月17日]
〈あとがきのあとがき〉ラストシーンから、近代文学とは違った物語発生の場を垣間見る ──『虫めづる姫君 堤中納言物語』の訳者・蜂飼耳さんに聞く
[2016年2月05日]
連載「"不実な美女"たち──女性翻訳家の人生をたずねて」vol.3 深町眞理子さんに聞く(5)(番外編)
[2016年1月05日]
連載「"不実な美女"たち──女性翻訳家の人生をたずねて」vol.3 深町眞理子さんに聞く(4)
[2015年12月07日]
〈あとがきのあとがき〉古いイメージを捨てて「新たな幸徳秋水」。彼は、武力をもって海外に出ていこうとする国家に対して、何をどう主張したのか? 『二十世紀の怪物 帝国主義』の訳者・山田博雄さんに聞く
[2015年12月01日]
連載「"不実な美女"たち──女性翻訳家の人生をたずねて」vol.3 深町眞理子さんに聞く(3)
[2015年11月13日]
〈あとがきのあとがき〉プーシキンの言葉の穴の深さ、背後の広さを測量する 『スペードのクイーン​/ベールキン物語』の訳者・望月哲男さんに聞く
[2015年11月01日]
連載「"不実な美女"たち──女性翻訳家の人生をたずねて」vol.3 深町眞理子さんに聞く(2)

光文社古典新訳文庫創刊10周年記念特設サイト ナルニア国 光文社古典新訳文庫読書エッセイコンクール2016 光文社ウェブサイト 光文社電子書籍

電子書店により、スケジュール・フェア価格等が異なる場合があります。詳細は各電子書店にお問い合せください。

メールマガジン登録 光文社古典新訳文庫著者別刊行本リスト