えっ! これが、あのドストエフスキー!?

白夜/おかしな人間の夢

白夜/おかしな人間の夢

ドストエフスキー    
安岡治子  訳   

暗くて重くて長い作品ばかりじゃない!

作品

ドストエフスキーと言えば、『カラマーゾフの兄弟』『罪と罰』など、暗くて重い長篇小説があまりにも有名だが、ここに収めた作品は不思議にどれもせつないながらも、そこはかとなく明るさが感じられるものばかりだ。"らしくない" "意外な"魅力が味わえる初期の傑作を含む、「もうひとつの」ドストエフスキー作品集。


物語

ペテルブルグの夜を舞台に、内気で空想家の青年と少女の出会いを描いた初期の傑作「白夜」。自殺を決意した男が夢から覚めた後、真理を発見したと自殺をとりやめるという幻想的な短篇「おかしな人間の夢」ほか、長編では味わえない、"らしくない"ドストエフスキーに出会える珠玉の4作。

フョードル・ミハイロヴィチ・ドストエフスキー    Ф. М. Достоевский
[ 1821 - 1881 ]    ロシア帝政末期の作家。60年の生涯のうちに、以下のような巨大な作品群を残した。『貧しき人々』『死の家の記録』『虐げられた人々』『地下室の手記』『罪と罰』『賭博者』『白痴』『悪霊』『永遠の夫』『未成年』そして『カラマーゾフの兄弟』。キリストを理想としながら、神か革命かの根元的な問いに引き裂かれ、ついに生命そのものへの信仰に至る。日本を含む世界の文学に、空前絶後の影響を与えた。
[訳者] 安岡治子    Yasuoka Haruko
1956年生まれ。東京大学大学院教授。主な訳書に『地下室の手記』『貧しき人々』(ドストエフスキー)、『マリヤのための金』『マチョーラとの別れ』(ラスプーチン)、『酔どれ列車、モスクワ発ペトゥシキ行』(エロフェーエフ)、『デルス・ウザラ』(アルセニエフ)、『地下室の手記』(ドストエフスキー)。共訳に『フョードロフ伝』(セミョーノヴァ)、『チェゲムのサンドロおじさん』(イスカンデル)。共著に『新版 ロシア文学案内』、『岩波講座 文学8・超越性の文学』などがある。
白痴 4
白痴 4

ドストエフスキー

亀山郁夫 訳

白痴 3
白痴 3

ドストエフスキー

亀山郁夫 訳

白痴 2
白痴 2

ドストエフスキー

亀山郁夫 訳

白痴 1
白痴 1

ドストエフスキー

亀山郁夫 訳

死の家の記録
死の家の記録

ドストエフスキー

望月哲男 訳

カラマーゾフの兄弟1 <全5巻>
カラマーゾフの兄弟1 <全5巻>

ドストエフスキー

亀山郁夫 訳

罪と罰3 <全3巻 最終巻>
罪と罰3 <全3巻 最終巻>

ドストエフスキー

亀山郁夫 訳

罪と罰2<全3巻>
罪と罰2<全3巻>

ドストエフスキー

亀山郁夫 訳

悪霊3 <全3巻+別巻>
悪霊3 <全3巻+別巻>

ドストエフスキー

亀山郁夫 訳

悪霊2 <全3巻+別巻>
悪霊2 <全3巻+別巻>

ドストエフスキー

亀山郁夫 訳

悪霊1 <全3巻+別巻>
悪霊1 <全3巻+別巻>

ドストエフスキー

亀山郁夫 訳

貧しき人々
貧しき人々

ドストエフスキー

安岡治子 訳

罪と罰1<全3巻>
罪と罰1<全3巻>

ドストエフスキー

亀山郁夫 訳

カラマーゾフの兄弟5 エピローグ別巻 <全5巻>
カラマーゾフの兄弟5 エピローグ別巻 <全5巻>

ドストエフスキー

亀山郁夫 訳

カラマーゾフの兄弟4<全5巻>
カラマーゾフの兄弟4<全5巻>

ドストエフスキー

亀山郁夫 訳

地下室の手記
地下室の手記

ドストエフスキー

安岡治子 訳

カラマーゾフの兄弟3 <全5巻>
カラマーゾフの兄弟3 <全5巻>

ドストエフスキー

亀山郁夫 訳

カラマーゾフの兄弟2 <全5巻>
カラマーゾフの兄弟2 <全5巻>

ドストエフスキー

亀山郁夫 訳