知られざる心の深奥部を“解剖”する。

フロイト、無意識について語る

フロイト、無意識について語る

フロイト    
中山 元  訳   
〈あなたのなかのもう一人のあなた〉を発見
作品
「無意識について」を中心に、個人の無意識についての理論の変遷をたどる5つの論文と、集団における個人を超えた無意識の働きについて、社会哲学的かつ文明論的な観点から分析し、後期の『モーセと一神教』などにつながる広い視野を切り開いた『集団心理学と自我分析』を収録。
内容
人間の心の深層に科学的知見で迫り、「無意識」を発見したフロイト。精神分析の中心的な概念として重要であるだけでなく、その後の文学、思想の分野にも大きな影響を与えたこの無意識について、個人の心理学と集団心理学の観点から考察し、理論化を進めた論考集。
目次
第1部
心的な出来事の二つの原則の定式 (1911年)
精神分析における無意識の概念についての論考 (1912年)
想起、反復、徹底操作 (1914年)
抑圧 (1915年)
無意識について (1915年)
第2部
『集団心理学と自我分析』 (1921年)
 解説 中山元
 年譜
 訳者あとがき
ジークムント・フロイト    Sigmund Freud
[ 1856 - 1939 ]    東欧のモラビアにユダヤ商人の長男として生まれる。幼くしてウィーンに移住。開業医として神経症の治療から始め、人間の心にある無意識や幼児の性欲などを発見、精神分析の理論を構築した。1938年、ナチスの迫害を逃れ、ロンドンに亡命。'39年、癌のため死去。主著に『夢判断』『精神分析入門』『自我とエス』など。
[訳者] 中山 元    Nakayama Gen
1949年生まれ。哲学者、翻訳家。主著に『思考のトポス』『フーコー入門』『はじめて読むフーコー』『思考の用語辞典』『賢者と羊飼い』『フーコー 生権力と統治性』『フーコー 思考の考古学』ほか。訳書に『自我論集』『エロス論集』『幻想の未来/文化への不満』『人はなぜ戦争をするのか』(以上、フロイト)、『パピエ・マシン(上・下)』(デリダ)、『永遠平和のために/啓蒙とは何か 他3編』『純粋理性批判』(カント)、『人間不平等起源論』『社会契約論/ジュネーヴ草稿』(共にルソー)、『職業としての政治 職業としての学問』『プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神』(共にウェーバー)、『善悪の彼岸』『道徳の系譜学』(共にニーチェ)、『存在と時間』(ハイデガー)ほか多数。
フロイト、性と愛について語る
フロイト、性と愛について語る

フロイト

中山 元 訳

フロイト、夢について語る
フロイト、夢について語る

フロイト

中山 元 訳

モーセと一神教
モーセと一神教

フロイト

中山 元 訳

存在と時間8
存在と時間8

ハイデガー

中山 元 訳

存在と時間7
存在と時間7

ハイデガー

中山 元 訳

存在と時間6
存在と時間6

ハイデガー

中山 元 訳

存在と時間5
存在と時間5

ハイデガー

中山 元 訳

存在と時間4
存在と時間4

ハイデガー

中山 元 訳

存在と時間3
存在と時間3

ハイデガー

中山 元 訳

存在と時間2
存在と時間2

ハイデガー

中山 元 訳

存在と時間1
存在と時間1

ハイデガー

中山 元 訳

実践理性批判2
実践理性批判2

カント

中山 元 訳

実践理性批判1
実践理性批判1

カント

中山 元 訳

道徳形而上学の基礎づけ
道徳形而上学の基礎づけ

カント

中山 元 訳

善悪の彼岸
善悪の彼岸

ニーチェ

中山 元 訳

道徳の系譜学
道徳の系譜学

ニーチェ

中山 元 訳

純粋理性批判1
純粋理性批判1

カント

中山 元 訳

純粋理性批判2
純粋理性批判2

カント

中山 元 訳

純粋理性批判3
純粋理性批判3

カント

中山 元 訳

純粋理性批判4
純粋理性批判4

カント

中山 元 訳

純粋理性批判5
純粋理性批判5

カント

中山 元 訳

純粋理性批判6
純粋理性批判6

カント

中山 元 訳

純粋理性批判7
純粋理性批判7

カント

中山 元 訳

人間不平等起源論
人間不平等起源論

ルソー

中山 元 訳

社会契約論/ジュネーヴ草稿
社会契約論/ジュネーヴ草稿

ルソー

中山 元 訳