翻訳者リスト - 光文社古典新訳文庫


ホーム > 翻訳者TOP

翻訳者リスト(あいうえお順)

粟飯原文子

『崩れゆく絆』

プロフィール詳細へ

安達まみ

『箱舟の航海日誌』

プロフィール詳細へ

安西徹雄

『リア王』『ジュリアス・シーザー』『ヴェニスの商人』『十二夜』『マクベス』『ハムレット Q1』

プロフィール詳細へ

飯野友幸

『おれにはアメリカの歌声が聴こえる—草の葉(抄)』『ビリー・バッド』

プロフィール詳細へ

池 央耿

『クリスマス・キャロル』『タイムマシン』『ヘンリー・ライクロフトの私記』『二都物語』

プロフィール詳細へ

池田真紀子

『幼年期の終わり』『ガラスの鍵』

プロフィール詳細へ

宇野邦一

『薔薇の奇跡』

プロフィール詳細へ

浦 雅春

『鼻/外套/査察官』『ワーニャ伯父さん/三人姉妹』『桜の園/プロポーズ/熊』

プロフィール詳細へ

海老坂 武

『狂気の愛』

プロフィール詳細へ

大岡 玲

『ピノッキオの冒険』

プロフィール詳細へ

丘沢静也

『飛ぶ教室』『変身/掟の前で 他2編』『寄宿生テルレスの混乱』『訴訟』『ツァラトゥストラ』『論理哲学論考』『暦物語』『この人を見よ』

プロフィール詳細へ

小川高義

『黒猫/モルグ街の殺人』『若者はみな悲しい』『グレート・ギャッツビー』『アウルクリーク橋の出来事/豹の眼』『緋文字』『老人と海』『アッシャー家の崩壊/黄金虫』

プロフィール詳細へ

小田島恒志

『ピグマリオン』

プロフィール詳細へ

小尾芙佐

『ジェイン・エア』『高慢と偏見』『幸福な王子/柘榴の家』

プロフィール詳細へ

大島かおり

『黄金の壺/マドモワゼル・ド・スキュデリ』『砂男/クレスペル顧問官』『くるみ割り人形とねずみの王さま/ブランビラ王女』

プロフィール詳細へ

小野寺 健

『嵐が丘』

プロフィール詳細へ

太田浩一

『感情教育』『脂肪の塊/ロンドリ姉妹 モーパッサン傑作選』

プロフィール詳細へ

貝澤 哉

『カメラ・オブスクーラ』『絶望』『偉業』

プロフィール詳細へ

金原瑞人

『プークが丘の妖精パック』『武器よさらば』

プロフィール詳細へ

亀谷乃里

『赤い橋の殺人』

プロフィール詳細へ

亀山郁夫

『カラマーゾフの兄弟』『罪と罰』『悪霊』『白痴』

プロフィール詳細へ

川村 湊

『歎異抄』『梁塵秘抄』

プロフィール詳細へ

岸 美光

『ヴェネツィアに死す』『だまされた女/すげかえられた首』『詐欺師フェーリクス・クルルの告白』

プロフィール詳細へ

木村政則

『マウントドレイゴ卿/パーティの前に』『チャタレー夫人の恋人』

プロフィール詳細へ

黒原敏行

『闇の奥』『すばらしい新世界』

プロフィール詳細へ

國分俊宏

『オリヴィエ・ベカイユの死/呪われた家 ゾラ傑作短篇集』

プロフィール詳細へ

河野純治

『ぼくはいかにしてキリスト教徒になったか』

プロフィール詳細へ

河野万里子

『青い麦』

プロフィール詳細へ

小林章夫

『フランケンシュタイン』『ご遺体』

プロフィール詳細へ

斉藤悦則

『人口論』『自由論』『カンディード』『寛容論』

プロフィール詳細へ

坂本あおい

『新アラビア夜話』

プロフィール詳細へ

三辺律子

『プークが丘の妖精パック』

プロフィール詳細へ

鹿田昌美

『そばかすの少年』

プロフィール詳細へ

識名章喜

『水の精(ウンディーネ)』

プロフィール詳細へ

志田 昇

『ニーチェからスターリンへ トロツキー人物論集【1900−1939】』

プロフィール詳細へ

渋谷 豊

『人間の大地』

プロフィール詳細へ

鈴木雅生

『ポールとヴィルジニー』

プロフィール詳細へ

鈴木芳子

『読書について』

プロフィール詳細へ

関口英子

『猫とともに去りぬ』『神を見た犬』『天使の蝶』『羊飼いの指輪 ファンタジーの練習帳』『月を見つけたチャウラ ピランデッロ短篇集』『薔薇とハナムグリ シュルレアリスム・風刺短篇集』

プロフィール詳細へ

芹澤 恵

『1ドルの価値/賢者の贈り物 他21編』『傍迷惑(はためいわく)な人々 サーバー短篇集』

プロフィール詳細へ

高遠弘美

『消え去ったアルベルチーヌ』『失われた時を求めて』

プロフィール詳細へ

高野 優

『八十日間世界一周』『地底旅行』

プロフィール詳細へ

武田千香

『ブラス・クーバスの死後の回想』『ドン・カズムッホ』

プロフィール詳細へ

立花幸司

『ニコマコス倫理学』

プロフィール詳細へ

谷川道子

『母アンナの子連れ従軍記』『ガリレオの生涯』

プロフィール詳細へ

旦 敬介

『知への賛歌 修道女フアナの手紙』

プロフィール詳細へ

中条省平

『マダム・エドワルダ/目玉の話』『恐るべき子供たち』『肉体の悪魔』『愚者(あほ)が出てくる、城寨(おしろ)が見える』『花のノートルダム』『消しゴム』『狭き門』

プロフィール詳細へ

中条志穂

『恐るべき子供たち』『狭き門』

プロフィール詳細へ

塚原 史

『ムッシュー・アンチピリンの宣言??ダダ宣言集』

プロフィール詳細へ

土屋京子

『秘密の花園』『トム・ソーヤーの冒険』『仔鹿物語(上・下)』『ハックルベリー・フィンの冒険(上・下)』『あしながおじさん』『ナルニア国物語』

プロフィール詳細へ

土屋政雄

『月と六ペンス』『ダロウェイ夫人』『ねじの回転』

プロフィール詳細へ

角田安正

『帝国主義論』『菊と刀』『市民政府論』『リヴァイアサン1』

プロフィール詳細へ

鶴ヶ谷真一

『三酔人経綸問答』『一年有半』

プロフィール詳細へ

中澤 務

『プロタゴラス−−あるソフィストとの対話』『饗宴』

プロフィール詳細へ

永田千奈

『海に住む少女』『女の一生』『孤独な散歩者の夢想』『ひとさらい』『クレーヴの奥方』

プロフィール詳細へ

中村佳子

『アドルフ』『ゴリオ爺さん』

プロフィール詳細へ

中山 元

『永遠平和のために/啓蒙とは何か 他3編』『幻想の未来/文化への不満』『人はなぜ戦争をするのか エロスとタナトス』『人間不平等起源論』『社会契約論/ジュネーヴ草稿』『善悪の彼岸』『道徳の系譜学』『純粋理性批判』『ドストエフスキーと父親殺し/不気味なもの』『道徳形而上学の基礎づけ』『実践理性批判』『ユダヤ人問題に寄せて/ヘーゲル法哲学批判序説』『存在と時間』

プロフィール詳細へ

南條竹則

『新アラビア夜話』『木曜日だった男 一つの悪夢』『白魔』『天来の美酒/消えちゃった』『盗まれた細菌/初めての飛行機』『秘書綺譚 ブラックウッド幻想怪奇傑作集』『人間和声』『不思議屋/ダイヤモンドのレンズ』『カンタヴィルの幽霊/スフィンクス』

プロフィール詳細へ

仁木めぐみ

『ドリアン・グレイの肖像』

プロフィール詳細へ

西永良成

『椿姫』

プロフィール詳細へ

沼野恭子

『初恋』

プロフィール詳細へ

納富信留

『ソクラテスの弁明』

プロフィール詳細へ

野崎 歓

『ちいさな王子』『赤と黒』『うたかたの日々』

プロフィール詳細へ

乗松亨平 

『コサック 1852年のコーカサス物語』

プロフィール詳細へ

長谷川 宏

『芸術の体系』『経済学・哲学草稿』『芸術論20講』

プロフィール詳細へ

蜂飼耳

『虫めづる姫君 堤中納言物語』

プロフィール詳細へ

平岡 敦

『オペラ座の怪人』

プロフィール詳細へ

平野啓一郎

『サロメ』

プロフィール詳細へ

深町眞理子

『野性の呼び声』『白い牙』

プロフィール詳細へ

藤井省三

『故郷/阿Q正伝』『酒楼にて/非攻』

プロフィール詳細へ

伏見威蕃

『失われた世界』

プロフィール詳細へ

牧野有通

『書記バートルビー/漂流船』

プロフィール詳細へ

増田靖彦

『笑い』

プロフィール詳細へ

増本浩子

『失脚/巫女の死 デュレンマット傑作選』

プロフィール詳細へ

松永美穂

『車輪の下で』『マルテの手記』

プロフィール詳細へ

宮下志朗

『グランド・ブルテーシュ奇譚』

プロフィール詳細へ

村上博基

『宝島』『ジーキル博士とハイド氏』

プロフィール詳細へ

望月哲男

『イワン・イリイチの死/クロイツェル・ソナタ』『アンナ・カレーニナ』『死の家の記録』『スペードのクイーン/ベールキン物語』

プロフィール詳細へ

森田成也

『レーニン』『永続革命論』『ニーチェからスターリンへ トロツキー人物論集【1900−1939】』『賃労働と資本/賃金・価格・利潤』『資本論 第一部草稿 直接的生産過程の諸結果』

プロフィール詳細へ

安岡治子

『地下室の手記』『貧しき人々』『白夜/おかしな人間の夢』

プロフィール詳細へ

山田博雄

『二十世紀の怪物 帝国主義』

プロフィール詳細へ

吉田量彦

『神学・政治論』

プロフィール詳細へ

渡辺邦夫

『メノン―徳(アレテー)について』

プロフィール詳細へ

渡辺政隆

『種の起源』

プロフィール詳細へ

渡辺守章

『シラノ・ド・ベルジュラック』『アガタ/声』『ロレンザッチョ』

プロフィール詳細へ


光文社古典新訳文庫創刊10周年記念特設サイト ナルニア国 光文社古典新訳文庫読書エッセイコンクール2016 光文社ウェブサイト 光文社電子書籍

電子書店により、スケジュール・フェア価格等が異なる場合があります。詳細は各電子書店にお問い合せください。

メールマガジン登録 光文社古典新訳文庫著者別刊行本リスト